おせちは手作りが良いのか

お正月につきものの、おせちについては、人によって様々な考え方があります。毎年、年末から食材を準備し、家庭で手作りのおせちを作って、お正月には家でゆっくりと味わうというタイプの人達。また、家庭で手のこんだ料理をすることよりも、おせちは買うものと決めているタイプの人達。家庭で作る料理と、買って味わう料理をミックスして、お正月を過ごす人達。

さらには、お正月だからといって、おせちをわざわざ食べることをしない人達。主に、この4種類のタイプに分かれます。それぞれに良い点がありますので、自分達で向いた方法で、お正月を祝うことが何よりです。おせち料理に向かない今の時代の人達は、お正月にカレーやハンバーガーを食べていてもよいことです。

また、洋風のお正月料理を買って、食べることもひとつの過ごし方です。年末に時間があり、料理をする気持ちがある人達の場合には、一品でも、お正月向けの料理をすることは有意義なこととなります。たとえば、この時期にしか食べることがない、黒豆などを自宅で煮てみることはとてもよい経験となります。黒豆も、出来上がったものを簡単に購入することが出来ますが、分量と値段のバランス、さらには美味しさを考えると、手作りの良さを発見することが出来ます。

思ったほど難しくない、黒豆づくりを理解すると、毎年、年末には黒豆を煮るという作業をスケジュールの中に入れておく人達も多くいます。日本には、お正月を祝うための食材が多く、いわれのあるものも多くあります。これらの意味を理解しながら、心をこめて料理をし、家庭で味わうことは、お正月ならではの風景となります。おせちのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です