おせちのいわれと進化

お正月に食べる料理としておなじみのおせち料理は、お正月前に重箱にさまざまな料理を詰めておくといった作り方ですが、これについては昔は今のように冷蔵庫などもなく、お正月にはお店も休みなので日持ちする料理をあらかじめ作っておく必要がありました。またお正月には神様にゆっくりしてもらうためにも台所で慌ただしくせず、かまどの神様にも休んでもらうために火を使わないといった意味もありましたし、他にも年末年始に多忙となる女性に、少しでも休息を与えるといった配慮も含まれていた可能性もあります。それゆえに昔ながらのおせち料理は保存がきく料理ばかりなのが一般的なのですが、時代の流れとともにおせち料理にもいろいろと変化が生じてきています。まず現在では、冷蔵庫はどの家庭にも大抵はあるために保存については問題ありませんし、一月一日から営業しているお店も少なくはありません。

さらに百貨店などでは毎年おせちを販売しており、前年の秋頃から予約を開始していたり、お正月前に売り出すなどして毎年大盛況となっています。そしておせち料理そのもののメニューもバリエーションが豊富となっており、冷たい保存がきく料理だけでなく温かい料理もありますし、冷たいものでも生野菜のサラダなどが含まれるケースもあります。また和食に限らず洋風や中華風といったものもありますし、中にはスイーツなども存在しています。しかも昔ながらの大きな重箱に詰めたものだけでなく、一人暮らしや少人数の家族向けに小さいサイズのものなどもあり、消費者それぞれのパーソナリティに合ったものを選んで購入することが可能となっています。

おせちのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です