おせち料理は縁起の良いお正月の料理

おせち料理の「せち」は「節」をさし、おせち料理とは「節日(せちにち)」の料理のことをいいます。節日は季節の変わり目にあたる祝日のことで、元日は節日の中で新しい年を迎える最もめでたい日になります。現代では、節日の中でも別格な元日に用意する料理を、おせち料理というようになりました。古来、元日に年神(としがみ)様をお迎えして、新年の豊作や家族の安泰を祈る風習があり、この料理は神様へのお供え物として作られていました。

年末に準備をし、大晦日に神様にお供えします。新年を迎えると家族で神様からのおさがりとして、料理をいただくと考えられていました。お正月の3日間は神様がおられることから、台所仕事をしないということから、年末に日持ちのする料理をたくさん作り、それを食べるという風習があったといわれています。伝統的なおせち料理には縁起の良い意味があり、様々な願いが込められています。

地方によって特有の歴史があり、違いがあることが知られていますが、一般的にあるものとして海老、数の子、紅白かまぼこ、紅白なます、昆布巻き、里芋、伊達巻き、蓮根、錦玉子、黒豆、栗きんとんなど。海老は長生き、黒豆はまめに働き健康でいられるように。数の子は子だくさん、栗きんとんは金運など、それぞれに縁起の良い意味が込められています。おせち料理は、めでたさを重ねるということから重箱に詰めて出されるのが一般的。

現代は購入する家庭も増えていますが、多くの日本人の間で、伝統的な料理を手作りする風習が受け継がれています。おせちのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です